グリーン動物病院インフォメーション

冬に気をつけること

2018.11.13

こんにちは!

看護師の浦野です。

 

少しずつ寒くなって来ましたね。

うちの子も最近はドーム型のベットに引きこもってしまって、ご飯とトイレの時しか起きて来ません。

 

冬になると心配なこと。

 

それは尿路疾患のリスクが増えること。

例えば「尿石症」ですね。

 

猫の尿はわんちゃんと比べて濃いめの尿が出ます。

ただでさえ濃いのに、飲水量が減ってしまうと更に濃くなってしまいます。

そうすると尿中に結晶が生まれ、膀胱内を傷つけて膀胱炎となってしまうのです。

 

だからってスヤスヤ寝てるのを起こして水を飲ませるなんて、出来っこないですよね。

もちろん私もやりません。

 

だからこそ、日々の観察は大事です。

「おしっこが出てない」「何度もトイレに行く」「いつもとは違う所にしてしまう」などの症状が現れたらすぐに病院へ行ってくださいね!

ページトップ